受信料 拒否 歴史 – きっかけは自らの不祥事なのに…NHK受信料「法廷闘争」の歴史

またnhkは受信料支払拒否者を訴えるだけではなく、nhkの受信料について相談を受け、対処方法を提案した関与者に対してもスラップ訴訟を提起している。2015年にnhk受信料の取立て業者に対して支払いを拒否した女性が、nhkに対して慰謝料を求めた裁判を

nhkの受信料の支払い拒否を続けてもう何年になるだろうか。 浪人時代から始まり、もう40年を越える。余りに多くのことが起こったので忘れないためにこの記事を書いた。 【始まり】 本多勝一という男(朝日新聞の記者)が当時ブイブイいわせていて、僕もその著作を読んで、ジャーナリスト

今回はヤバすぎるnhk受信料を拒否した場合の対応についてご紹介していきます。 受信料を支払い拒否した後のnhk側の動き そもそも nhk 受信料を支払い拒否するとどうなるのでしょうか?

1993年の頃僕は新潟に帰ってきた。 仕事はなく、一旦は印刷会社に務めるが、半年くらいで辞めた。 その後、何度もハローワークに行き、新潟の企業のシステム部門に内定するが、色々と考えてそれもやめる。父親が50年経理部長を務めた大平洋金属の子会社の新潟金属と言うステンレスの加工

nhk受信料を払わない・支払い拒否は法律違反ではない