テガフール – テガフール

概要

テガフール・ウラシル(代謝拮抗剤) 商品名(製造・販売会社) ユーエフティ(大鵬薬品工業) テガフールとウラシルを1:4の割合で配合した抗がん剤です。テガフールはフルオロウラシル(5-fu)のプロドラッグです。 プロドラックとは、「投与された後、体内で徐々に有効成分へと変化する

概要

テガフール 作用機序 テガフールはチミジル酸合成酵素(英語版)阻害薬であるフルオロウラシルのプロドラッグである[9]。肝臓のcyp2a6(英語版)で代謝されてフルオロウラシルとなる[13&#

ティーエスワン(テガフール、ギメラシル、オテラシル:ts-1)の作用機序:抗がん剤 . がんは治療の難しい疾患であり、がんによって亡くなる方は多いです。がんは治療の難しい病気であり、手術や放射線、そして化学療法などを駆使して治療が行われます。

抗がん剤治療は、効果が高く・副作用の少ないことが理想です。そこで考案されたのがts-1。消化器がんに使われる5-fuを土台に、いろいろな工夫がほどこされています。わが国における進行再発胃がんの治療において、約8割の医師が第1選択薬として使用しています。

テガフール(tegahurr)TGF 商品名 「アチロン」「イカルス」「サンフラール」「ステロジン」「テフシール」「フトラフール」「フロフトラン」「ルナシン」

i.テガフール・ウラシル通常療法の特徴 1.テガフール・ウラシル通常療法 ユーエフティはbiochemical modulationにより癌selective toxicityを高めた抗癌剤です。

テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤との併用により、重篤な血液障害等の副作用が発現するおそれがあるので、併用を行わないこと(「相互作用」の項参照)。 ホリナート・テガフール・

テガフールによってフェニトインの代謝が抑制され、フェニトインの血中濃度が上昇する。 ワルファリンカリウム: ワルファリンカリウムの作用を増強することがあるので、凝固能の変動に注意すること。 機序は不明である。

併用禁忌:テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(ティーエスワン) ※テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウムの投与中~投与中止後少なくとも7日以内は本剤を投与しないこと。 ・重大な副作用. 骨髄抑制 下痢 肝機能障害

[PDF]

テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合カプセル剤 注)注意-医師等の処方箋により使用すること 承認番号 t20:22500amx01662000 t25:22500amx01664000 薬価収載 2013年12月 販売開始 2014年1月 効能追加 2017年5月

ティーエスワン配合OD錠T (テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤) 大鵬 [処方薬] の処方目的、解説、副作用、剤形、保険薬価、先発、ジェネリックの区分、使用上の注意などを掲載しています。お薬検索[薬事典] – メディカルiタウン

[PDF]

ティーエスワンⓇとは ティーエスワンⓇは世界中で広く治療に使われているフルオ ロウラシルという抗がん剤の効果を高め、副作用を少なくす るために開発された薬(内服薬)で、3つの成分(テガフー

テガフール・ウラシル 、テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(ts-1)の構成成分を成す。テガフールは主に肝臓でcyp2a6代謝を受けフルオロウラシルになることで、抗癌活性を示す 。商品名フト

CAS番号: 17902-23-7
がん細胞の増殖メカニズム:Dnaの複製

テガフール・ウラシル配合剤 一般名 [処方薬]お薬検索 結果のページ です。処方目的、使用上の注意・副作用、先発医薬品とジェネリックの区分、使用量と回数などを掲載 – メディカルiタウン

この医療関係者向け情報は、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師等)を対象に、医療用医薬品を適正に使用いただくために、di情報やがん関連情報、泌尿器関連情報、アレルギー関連情報など、豊富なコンテンツを用意しております。

テメラール配合カプセルT25と標準製剤を、クロスオーバー法によりそれぞれ2カプセル(テガフールとして50mg、ギメラシルとして14.5mg及びオテラシルカリウムとして49mg)、テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤が適応する癌患者に絶食単回

テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(ティーエスワン)使用中止後にこの薬を使用する場合は、少なくとも7日以上の間隔をあけます。 飲み忘れた場合は、次の服用時間に1回分服用してください。2回分を一度に飲んではいけません。

テガフール、ギメラシル、オテラシルの3成分から成る配合剤です。主成分のテガフールは、体内に吸収されたあと、徐々に抗腫瘍作用をもつフルオロウラシル(5fu)に変換されます。

テガフールとウラシルの2成分から成る配合剤です。主成分のテガフールは、体内に吸収されたあと、徐々に抗腫瘍作用をもつフルオロウラシル(5fu)に変換されます。もう一つのウラシルは脇役です。

ティーエスワン配合 od 錠 t20・t25、配合カプセル t20・t25、配合顆粒 t20・t25(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤) 胃癌、結腸・直腸癌、頭頸部癌、非小細胞肺癌、手術不能又は再発乳癌、膵癌、胆道癌

沢井製薬が運営する医療関係者向けがん情報サイトです。非小細胞肺がん:uft療法の内容を分かりやすくご紹介しており、薬剤費(薬価)を自動で算出することができます。

このブログは薬局で働く薬剤師を中心とした医療従事者の方を対象に作成しています。一般の方が閲覧した際に誤解を招くことのないように配慮しているつもりですが、医療従事者の方へ伝えることを最優先としています。

テガフール・ウラシル 、テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(ts-1)の構成成分を成す。テガフールは主に肝臓でcyp2a6代謝を受けフルオロウラシルになることで、抗癌活性を示す 。商品名フト

通常、成人は1日3~6カプセル(テガフールとして300~600mg)を1日2~3回に分けて服用します。子宮頸がんでは1日6カプセル(テガフールとして600mg)を2~3回に分けて服用します。必ず指示された服用方法に従ってください。

テガフール・ウラシル通常療法:1日量として、テガフール300~600mg相当量を1日2~3回に分割経口投与する。子宮頚癌については、1日量として、テガフール600mg相当量を1日2~3回に分割経口投与す

UFTの主成分は、テガフール・ウラシル(Tegafur-uracil)で、テガフールとウラシルの割合を、1:4で配合されています。 テガフールは、フルオロウラシル(5-FU)の前駆物質(プロドラック)で、肝臓でフルオロウラシルに変換されます。

ようこそ!! ドクトルアウンの気になる情報 へ シッカリ食べて ・・・ バリバリ働き ・・・ グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。

テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(ティーエスワン)使用中止後にこの薬を使用する場合は、少なくとも7日以上の間隔をあけます。 飲み忘れた場合は、次の服用時間に1回分服用してください。2回分を一度に飲んではいけません。

テガフールは、フルオロウラシルのプロドラッグです。体内に入るとおもに肝臓で代謝されフルオロウラシルに変わり、dnaおよびrnaのはたらきを阻害し、抗がん効果を示します。

uftの場合、主成分であるテガフールが、肝臓の酵素によって体内でゆっくりと有効成分の5-fuに変化します。こうすることで、直接5-fuを投与するよりも長時間、作用が持続するのです。

抗がん剤テガフール・ウラシル(uft)は骨髄抑制の強い抗がん剤であります。また様々な癌に使用されるため、副作用と深い関係になります。 そこで抗がん剤テガフール・ウラシル(uft)の副作用について

カンプトテシン類を含有する高分子誘導体とテガフール、ギメラシル及びオテラシルカリウムを含有する配合剤を組み合わせてなり、カンプトテシン類を含有する高分子誘導体は、ポリエチレングリコール類とポリグルタミン酸とのブロック共重合体の

TS-1はテガフール、ギメラシル、オテラシルカリウムの合剤。 テガフール:5-FU(フルオロウラシル)のプロドラッグ。 ギメラシル:5-FUの分解をおさえて効果を高める。

抗 がん 薬であるテガフール(体内でフルオロウラシルに変換される)・ウラシル配合剤の抗 腫瘍 効果を高める薬. がん細胞は無秩序な増殖を繰り返したり 転移 を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す; 抗がん薬のフルオロウラシル(5-fu)はチミジル酸合成 酵素 (ts)という酵素と結合

第104回薬剤師国家試験 問274〜27570歳男性。切除不能な胃がんの治療のため、s−1(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤)/シスプラチン療法を施行している。数日前から 右下肢に痙れん様のふるえが認められている。精密検査の結果、左脳にがん転移が認められ、緊急入院と

手足症候群を起こしやすい抗がん剤にはフルオロウラシル、 ドキソルビシン リポソーム注射剤、 ドセタキセル などの注射剤の他に、 カペシタビン 、テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム、ソラフェニブ、スニチニブなどの経口薬もあります

[PDF]

主にカルモフール、テガフール、フルオロウラシル、メトトレキサ ート、シクロスポリンなどの抗がん剤でみられることがあるので、何 らかのお薬を服用していて、次のような症状がみられた場合には、放 置せずに医師・薬剤師に連絡してください。

沢井製薬が運営する医療関係者向けがん情報サイトです。「レジメン紹介&薬価計算」では、標準治療の内容を分かりやすくご紹介しており、レジメン毎の薬剤費(薬価)を自動で算出することができます。

第101回薬剤師国家試験 問256〜25773歳男性。入院中の患者。切除不能の胃がんに対して、s-1(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤)/シスプラチン療法を開始し、その後、退院して外来化学療法で治療を継続することとなった。問256 (実務)治療開始時又は退院時に薬剤師が

テガフールは基本的な抗がん薬であるフルオロウラシル(5fu)の誘導体です。おもに肝臓でフルオロウラシルに変換されてから効果を発揮するプロドラッグになります。なお、テガフール配合剤としてユーエフティとティーエスワンが別に販売されています。

[PDF]

テガフール・ギメラシル ・オテラシルカリウム8) 55 21.8% 0% 乳がん フルオロウラシルc) 頻度など詳細不明 テガフール・ウラシル 頻度など詳細不明 キナーゼ阻害薬 ソラフェニブ 131 55.0% 9.2% 腎細胞

膵臓がんのs-1単独療法(抗悪性腫瘍薬、代謝拮抗薬、テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合、抗がん剤)の治療法について、留意すべきことや副作用とその対処方法、治療期間、費用の情報をまとめております。s-1単独療法(抗悪性腫瘍薬、代謝拮抗薬、テガフール・ギメラシル・オ

薬剤「テガフール・ウラシル配合剤」に関する記事一覧です。CIWorks(シーアイワークス)は医師向けに癌(がん)の臨床に役立つ最新情報を提供しています。

Ⅰ-Ⅲ期を対象にcddp+vds+テガフール・ウラシル配合剤(uft)とuft,手術単独の3群についての比較試験を行い,5 年生存割合でuft群は64%と,手術単独群の49%と比し有意に良好であった 6) 。

通常、成人は初回体表面積に合わせてテガフールとして1.25m 2 未満では1回40mg、1.25~1.5m 2 未満では1回50mg、1.5m 2 以上では1回60mgを基準として1日2回朝食後と夕食後に28日間連続で服用し、その後14日間休みます。これを1クールとして繰り返しますが、状態に

[PDF]

「テガフール・ウラシル配合剤+ホリナート療法」は、下記の2つの 薬を服用する抗がん剤治療です(化学療法と呼ばれることもあり ます)。 テガフール・ウラシル配合剤(製品名:ユーエフティなど) 下記の2つの成分が配合されている抗がん剤です。

テガフール・ウラシルは代謝拮抗剤に分類され,胃がんや大腸がんなど,消化器系のがんをはじめ,多くのがんの治療に

ホリナート・テガフール・ウラシル療法におけるユーゼル錠25mg<ホリナートカルシウム>とユーエフティ配合カプセルT100<テガフール・ウラシル>の不適正処方をそのまま患者に交付してしまった。 <処方1>60歳代の男性。病院の消化器外科。

( テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤 ) 20mg1カプセル(テガフール相当量) 日本化薬: 229.50: なし: エスワンエヌピー配合カプセルT20 ( テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤 ) 20mg1カプセル(テガフール相当量) ニプロ

「4223 フルオロウラシル系製剤」の医薬品一覧21件を表示しています。医療従事者向け医薬品検索サイト「イーファーマ」では、約18,000点の医療用医薬品情報を提供しています。医薬品の効能・効果、副作用、相互作用、使用制限等が調べられます。

テガフール5-fuのプロドラッグ。体の中に入ってから抗がん作用を発揮します。 ギメラシル5-fuが体の中に長くとどまるようにして、効果を高めます。 オテラシル本来は起こりやすい胃腸障害の副作用

ts-1(ティーエスワン)は胃がんや大腸がん、乳がんなど多くの癌で保険適応となっている経口タイプの抗がん剤です。このページでは、ts-1の効果と副作用について解説しております。

医療用医薬品、OTC医薬品の薬価・添付文書情報を網羅し、関連文献と共に提供するWebサイトです

テガフール ウラシル 作用機序 ユーエフティ配合カプセルt100/**ユーエフティe配合顆粒t100/**ユーエフティe配合顆粒t150/**ユーエフティe配合顆粒t200. ユーエフティの抗腫瘍効果は体内でテガフールから徐々に変換される5-fuに基づいている。

( テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤 ) 20mg1カプセル(テガフール相当量) 共和薬品工業: 229.50: なし: エスワンエヌピー配合カプセルT20 ( テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤 ) 20mg1カプセル(テガフール相当量)

商品名 一般名 薬効 KEGG DRUG; ドプスOD錠100mg ドプスOD錠200mg ドプス細粒20% (大日本住友製薬) ドロキシドパ

テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(TS-1)は代謝拮抗剤に分類され,胃がんや大腸がんなど,消化器系のがんをはじめ,多くのがんの治療に使用され,特に胃がんには優れた効果を示す抗が