スマホ 2017 出荷台数 – 2017年のスマホ出荷台数は5年ぶりに増加、シェアはApple一強 …

IDC Japanは、2017年第1四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表。国内携帯電話出荷台数は前年同期比9.0%増の879万台で、スマート

スマートフォンの出荷台数は、2017年第3四半期世界全体で4億台に達しましたが、そのなかでも中国ベンダーのXiaomiが最も出荷台数を伸ばしたこと

【シリコンバレー=佐藤浩実】世界のスマートフォンの出荷台数が2017年に初めて前年を割り込んだことが、米IDCの調査でわかった。スマホ市場は

idcが現地時間2017年3月1日までにまとめた世界スマートフォン市場リポートによると、2017年における年間出荷台数は15億3480万台となり、2016年実績から4.2%増加する見通し。この伸び率は2018年に4.4%に拡大するという。

世界のスマートフォン販売台数を調査しているトレンドフォースが2017年第1四半期(1~3月)のスマホメーカーシェアを発表しました。 前の期(2016年第4四半期)は、それまでトップだったサムスンが最新端末「ギャラクシーノ

2017年8月の中国におけるスマートフォンの機種別出荷台数を旭日大数拠(sunrise big data)が公開しました。 低価格は1500元未満、中価格は1500元以上3000元未満、高価格は3000元以上となっていま

その出荷台数は2012 年の7億2250万台から2017年には15億3480万台と、わずか6年で倍増しているのです。これまでに、こんなに巨大で、かつ急成長した商品は世の中に存在しなかったのではないでしょう

市場調査会社のIC Insightsが発表したレポートによると、2017年のスマートフォン市場において、販売台数が上位12社のうち9社が中国のメーカーで

IDCによる最新の世界スマートフォン出荷に関する調査報告によると、2018年通年の出荷台数は前年比4.1%減で、2年連続の前年割れだった。10~12月

総出荷台数,スマホ出荷台数とも減少です。中でも,ガラケーの減少ぶりが著しいようですが,それでもまだこれだけ売れていると受け取ることもできますね。 また,スマホ出荷台数に関しては,2.6%減ですが,それでも2017年に次いで史上2番目。

米IDCが現地時間2017年5月30日に公表したスマートフォン市場リポートによると、同年における世界の年間出荷台数は前年実績から3.0%増加する見通し。 スマートフォンの世界出荷台数は2016年に同2.5%増となり、過去最低の

Oct 24, 2019 · ファーウェイのスマホ出荷台数は2010年に300万台だったが、その後急成長を続け、2015年は12月22日に1億台を突破。 2016年は10月14日、2017年は9月12日に1億台に到達した。 2018年は7月18日に1億台を超え、12月25日に初めて2億台を達成した。

2014年までは出荷台数を伸ばしていたものの、2015年以降出荷台数の成長率は鈍化。そして、ついに2017年は前年の出荷台数を0.5%下回る結果になりました。出荷台数が前年から減少したのは、2009年以降初めてのことになります。

ビジネス向けPCの出荷台数は、多くの地域、特に西ヨーロッパでのWindows 10への移行が早いことから、2017年末までに成長路線に戻ってくるものと

スマートフォン出荷台数は3,199.4万台で2012年を抜いて過去最高の出荷実績. 見出しにて、「数年後には成熟期へ」と書いた理由がここで、携帯電話全体は2017年を除く過去4年(2013-2016年)は減少していたけれど今期は増加。ところがスマホは2017年が過去最高。

米調査会社IDCが1日発表した2017年のスマートフォンの世界出荷台数(速報値)は、前年比0.1%減の14億7240万台となった。07年に登場した米

ソニーのスマホ事業が、往年のHTCを見るかのような勢いで縮小しつつあるので、その歩みを振り返ってみました。詳細は以下から。 ・2014年度(3910万台) 初のソフトバンク版登場で3キャリアから発売された「Xperia Z3」登場もあって、2014年のスマホ出荷台数は実に3910万台。バランスの良い構成

市場動向調査企業である英IHS Markitは8月3日(英国時間)、2017年第2四半期の世界スマートフォン(スマホ)市場は、前年同四半期比7%増となる3億5090万台

11 日前 · idcは、中古スマートフォン市場に関する調査結果を発表した。2018年における世界全体の出荷台数は1億7580万台で、これが2019年には17.6%増の2億670

【広州=中村裕】中国政府系のシンクタンク「中国情報通信研究院」が発表した2017年の中国市場におけるスマートフォン(スマホ)の出荷台数は

2018年のスマホ販売シェア1位はサムスン(韓国)だった。 2位は、アップルだが中国市場でのシェアを落としているようだ。 3位~5位は中国メーカーがランクインしているが、米中貿易摩擦の影響でアメリカでの販売が減少する可能性がある。

新興スマホメーカー情報 Huawei(ファーウエイ・華為技術) 1987年に小型の電話交換機や火災報知器などの製造のため設立された中国メーカー。スマートフォンの出荷台数では世界第2位(トップは、サムスン)。本社は深セン。

2017年第2四半期のスマートフォン販売台数は3億6,623万台、新興国市場での4G端末需要が増加 2017年第2四半期のスマートフォン出荷台数トップ3はiPhone 7/7 PlusとGalaxy Huawei曰く、2016年12月分のスマートフォン販売台数でHuaweiがAppleを上回っていた

Oct 30, 2017 · 2017年10月第3週(10月16日~22日)のスマホ全体の販売台数1位は、9月22日発売のKDDI(au)の「iPhone 8」でした。2位はソフトバンクの「iPhone 8」で、au、ソフトバンクの「iPhone 7」に続き、ドコモの「iPhone 8」が5位にランクイン。

Dec 24, 2017 · 2017年の年間トップ5はすべてiPhone 17年1月1日~12月17日までの累計で、SIMフリーモデルを含め、キャリア・容量を合算してシリーズごとにスマートフォンの販売台数を集計すると、1位はAppleの「iPhone 7」だった。シェアは24.6%で、唯一の二ケタ台。

続きを読む 【スマホ】成長が続く中古スマホ市場–世界出荷台数は2023年に約3.3億台、670億ドル規模へ拡大 ( 投資マネーまとめ速報) 欲張りYの稼ぐ副業おすすめ情報部2020. 欲張りYの稼ぐ副業おすすめ情

スマートフォン出荷台数は3258万台、過去最高を更新 2017年度通期の携帯電話端末総出荷台数は、前年度比2.7%増の3746万台で6年ぶりにプラス成長

> 統計資料 > 携帯電話国内出荷統計 > 2019年度. 2019 年度携帯電話国内出荷統計. 携帯電話、スマートフォンの台数を毎月タイムリーに発表、携帯電話9社の統計。 2017年度携帯電話国内出荷実績

全世界のスマートフォンメーカー別販売台数とシェアを調査している「Strategy Analytics」が2016年第4四半期(10月~12月)の調査結果を発表しました。 前期までシェアトップだったサムスンは

Feb 15, 2018 · 2017年のメーカー別出荷台数シェアMM総研調べMM総研は13日、2017年の国内携帯電話端末の出荷台数についての調査結果を発表した。スマートフォン

世界のスマホ出荷台数、2017年度は初の前年割れ. 2018年5月22日 16:21. 記事提供元:エコノミックニュース. 世界のスマホの出荷台数が初めて前年度

2019年pc出荷台数は pc市場については、第2四半期には1.5%増加したものの、外部の経済問題が不確実性をもたらしており、年間総出荷台数は2億5,600

Canalysは、世界5Gスマートフォン市場に関する調査結果を発表した。それによると、2023年における5Gスマートフォンの出荷台数は7億7400万台に

Huaweiの2018年スマホ出荷台数は2億台、2019年にAppleを抜いてスマホシェアで世界2位になるのはほぼ確実. by Kārlis Dambrāns 調査会社のIDCが2018年第2四半

ASUS、2020年までにスマホ出荷台数を2倍に。ZenFone 4は5月発売、ZenFone ARは2月、ZenFone 3 ZOOMは4~6月に . 2017/1/23 2017/1/31 ガジェット, スマートフォン, ZenFone

2017年度は前年度比110万台減に踏みとどまったものの、2018年度は四半期ごとの出荷台数が第2四半期以降200万台を割り込んでおり、第4四半期は110万

mm総研は、2018年(1~12月)の国内携帯電話出荷数を調査し結果を明らかにした。総出荷数は前年比6.3%減の3499万9000台で、調査を始めた2009年以降

としていますので,出荷台数そのものはまずまずだったものの,前年から比べると大きくその数を減らしたということが分かります。 これはもう, 「2017年がスマホ出荷台数のピークになる」 ということなのではないでしょうか?

2018年はスマホ販売台数1億台へ、復権をかけるシャオミの2017年を振り返る:山根博士のスマホよもやま話 日本への進出も夢ではなくなった復活劇

2019年第3四半期の世界スマホ出荷台数、2年ぶりに増加へ 飽和が指摘されるスマートフォン市場ですが、2019年第3四半期(7月〜9月)の出荷台数は世界で3億6,630万台となり、前年同期比で2%増加しました。四半期ベースで増加したのは2017年第3四半期以来と

調査会社の米idcが1月30日に発表した2018年における全世界のスマートフォン出荷台数シェアによると、2位のアップル(14.9%)に3位のファーウェイが14.7%まで迫ったことが明らかになった。

Gionee、Meizu、Samsungの出荷台数はそれぞれ2017年第一四半期の半分以下に落ち込み、スマホメーカー10社のうち8社が年間を通しての出荷減となる、と

第2四半期の世界スマホ出荷台数、アップルが3位に転落 idcによると、これで2017年第4四半期から3期連続での前年同期比減となったという。

2017年 5,825,000台 2018年 6,144,000台. このことからスマホが普及したのでカーナビが売れなくなるという予測は、現在までは当てはまっていないようです。やはりカーナビにはスマホには無い利便性があるということでしょう。

IDCが2017年Q4の世界市場におけるスマートフォン出荷台数データを公開。Apple、Samsungが1、2フィニッシュとなっていますが、3位にHUAWEI、4位にXiaomi、5位にOPPOと、中国系のスマートフォンブランドが3つ5位圏内に名を連ねています。

マーケットリサーチのCanalysが8日、世界63ヶ国のスマホ市場の追跡調査結果を発表した。 それによると、中国市場では、四半期としての出荷台数が初めて1億3000万台を突破し、通年の出荷台数は前年比11%増の4億7000万台、再び二ケタ台の伸びに戻り、世界一を維持した。

2017年ベトナムのスマホ出荷台数や日本との比較、売れているスマホの価格帯や月次の推移、メーカー(ブランド)の市場シェア月次推移、ベトナムでチェーン展開している大手販売店(2社)において販売台数や販売総額それぞれの面で人気のあった機種top10、ベトナムの携帯電話契約数や

2017年第4四半期の出荷台数が前年同期比で3.6%減少したにもかかわらず、Samsung Electronicsはスマートフォン販売台数でAppleをしのぎ、世界首位の座

小米が2019年Q1のスマホ出荷台数を公表、調査会社に反論 特定の調査会社がXiaomi Corporationの2019年第1四半期におけるスマートフォンの出荷台数について事実と異なる情報を発表しており、さらに複数の報道機関が調査会社の情報を引用して事実と異なる情報

2017年度上期の総出荷台数は1,634.6万台(前年同期比7.6%増)でv字回復 スマートフォン出荷台数は1,373.6万台(12.9%増)で上期出荷として過去2番目 simフリースマートフォン出荷台数は20.4%増の144.6万台も想定を下回る フィーチャーフォン出荷台数は261万台(13.6%減)で過去最低を更新 2017

スマホ世界出荷台数、初の減少 【ニューヨーク共同】米調査会社IDCが1日発表した2017年のスマートフォンの世界出荷台数(速報値)は、前年比0.1%減の14億7240万台となった。07年に登場した米アップルの「iPhone(アイフ

2017年1-12月期の総出荷台数は前年比3.6%増の3,735.4万台 スマートフォン出荷台数は前年比8.7%増の3,199.4万台で過去最高 Appleが前年比2.0%減の1,558.9万台(シェア41.7%)も6年連続1位 フィーチャーフォン出荷台数は前年比19.3%減の536万台で過去最低を更新

調査会社の米idcは11日(現地時間)、2018年のスマホ出荷台数を発表。中国における2018年のスマホ出荷台数は3億9770万台で、2017年比10.5%減となった。

(1)数字で見たスマホの爆発的普及(5年間の量的拡大) iPhoneが2007年に米国で発売されてから2017年で10年が経過した。スマートフォンは国内外ともに急速に普及してきており、この傾向は他の情報通信端末と比較するとより明確になる 1 ( 図表1-1-1-1 )。

Huawei Technologiesは2017年第1四半期に1位を奪還しており、2017年第2四半期もトップの地位を維持している。 2位は中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (広東欧珀移動通信)で、出荷台数は2,100万台強となった。

Gartnerのデータによると、2017年第2四半期のスマートフォン販売台数は前年同四半期から6.7%増(2,288万台増)の3億6,623万台だったそうだ。特に新興国市場での4Gスマートフォン需要の伸びが目立っているという(プレスリリース)。 市場別の販売台数では1位の中国本土が11.1%減(1,265万台

今や年間15億台近くが出荷されるスマートフォン。その台数規模は実にパソコンの5倍。プラットフォームで提供されるアプリやサービスなども

2017年04月25日09時00分. 2017年スマホの世界出荷はついに15億台を超える!? 文 編集長みやの(@E_Minazou)

OS別の出荷台数とシェアは、iOSがシェア42.8%(162.9万台)を記録し1位。2014年以降Androidに次いで2位となっていたが、5年振りに首位を獲得した。

Gartnerによると、2018年における世界のデバイス(PC、タブレット、携帯電話)出荷台数は1.3%増の22.9億台となり、2017年の3%減からプラス成長に