がん対策基本法 改正 いつ – がん対策:[国立がん研究センター がん登録・統計]

がん対策基本法 改正法が成立 がん患者の雇用継続、がん教育推進を求める がん患者が安心して暮らすことのできる社会への環境整備を盛り込んだ「がん対策基本法」の改正法が12月9日、衆院本会議で可決、成立しました。

図:改正がん対策基本法の概要(pdf:208kb) がん対策推進基本計画策定のための会議を開催 改正がん対策基本法は2016年12月16日に施行されました。今年、年明け最初のがん対策推進協議会が1月19日に開催されました。

[PDF]

改正がん対策基本法の概要 目的規定に「がん対策において、がん患者(がん患者であった者を含む。)がその状況に応じて必要な支援を総合的に受けられるようにすることが課題となっていること」を追加

[PDF]

がん対策基本法の改正について 厚生労働省健康局 がん・疾病対策課 資料1 が ん 対 策 推 進 協 議 会 地方公共団体 国 がん対策推進基本計画 (少なくとも6年ごとに検討を加える) 閣議決定・国会報告 厚生労働大臣 がん対策推進基本計画案の作成 都道府県

[PDF]

改正後のがん対策基本法(平成18年法律第98号) ※下線部分は今回の改正部分 目次 第一章 総則(第一条―第九条) 第二章 がん対策推進基本計画等(第十条―第十二条) 第三章 基本的施策 第一節 がんの予防及び早期発見の推進(第十三条・第十四条)

[PDF]

がん対策基本法一部改正と 第3期がん対策推進基本計画の検討状況 について 厚生労働省健康局 がん・疾病対策課 1 が ん 対 策 推 進 協 議 会 地方公共団体 国 がん対策推進基本計画 (少なくとも6年ごとに検討を加える) 閣議決定・国会報告 厚生労働大臣

がん患者が安心して暮らせる社会を目指す為に 『がん対策基本法』の改正案が成立 しました。. 2006年の『がん対策基本法』が施行されて以来10年が経過 その間に、患者や家族らを取り巻く状況は大きく変化してきたんです。

改正の趣旨

がん対策基本法(がんたいさくきほんほう、平成18年6月23日法律第98号)は、がん対策について定めた日本の法律。 第164回通常国会において提出された議員立法で、この国会中に成立した。

効力: 現行法

Apr 12, 2017 · がん対策をめぐっては、2016(平成28)年12月に「がん対策基本法」が改正され、学校教育や社会教育で「がんに関する教育の推進のために必要な施策を講ずるものとする」(23条)とされ

[PDF]

「改正がん対策基本法」成立に伴う国の「がん対策推進基本計画」への要望書 平成28年12月9日に「がん対策基本法の一部を改正する法律案」が衆議院本会議において全会 一致で可決され、「改正がん対策基本法」が成立しました。

昨年末、がん患者が安心して暮らせる社会を目指す「がん対策基本法」の改正案が成立した。 2006年の「がん対策基本法」が施行されて以来10年、患者や家族らを取り巻く状況は変化してきた。

[PDF]

がん対策推進基本計画 さらに、平成28(2016)年の法の一部改正の結果、法の理念に、「がん患者 持ち、避けられるがんを防ぐことや、様々ながんの病態に応じて、いつでもど

かつてのがん対策は、患者さんの命を救うことを大前提としていたが、医療の進歩によって、がん対策の領域は患者さんの仕事や暮らしへと広がってきた。「改正がん対策基本法」に盛り込まれたがん対策の現状と展望、また患者さんが、がんと共存するうえで重視すべきことなどを国立がん

—がん対策基本法が2016年12月に改正されました。尾辻先生が代表世話人を務められている超党派の議連「国会がん患者と家族の会」が改正案を提出し、法律の成立から10年ぶりの改正となりました。

がんになっても働き続けられるよう企業に配慮を求めることなどを盛り込んだ「がん対策基本法」改正案が7日、衆院厚生労働委員会で全会一致で

[PDF]

Dec 17, 2016 · がん対策基本法の一部を改正する法律の公布について. がん対策基本法の一部を改正する法律については、本年. 1. 1. 月15日に第192回臨時国会に 提出され、同年12月9日に可決成立し、本日、平成28年法律第107号として公布されました。

第三期がん対策推進基本計画(以下、基本計画)が平成29年(2017年)10月24日に閣議決定しました。6月2日にがん対策推進協議会(以下、協議会)での議論自体は終了していますから、そこから約5カ月。第二期基本計画の閣議決定が平成24年(2012年)6月8日であったことを考えれば、実に約4か月

一般社団法人全国がん患者団体連合会(全がん連)では、「がん対策基本法改正案」の早期成立を要望してまいりましたところ、12月7日の衆議院厚生労働委員会において全会一致により可決されるとともに、12月9日の衆議院本会議において全会一致により可決され、「改正がん対策基本法」が

希少がん研究、国際協力で 昨年12月にがん対策基本法=1=が10年ぶりに改正され、就労対策や難治性がん・希少がん=2=の研究促進が盛り込まれ

がん対策基本法改正案をめぐる疑問 いま、日本の政治は人命を最優先に動いていない。第190回通常国会に提出される予定だった、「がん対策基本

May 02, 2016 · 「救える命を救う」ために、多くのがん患者や家族の声を受けて2006年に成立した「がん対策基本法」。現在、今国会での提出を目指し、国会の超

がん対策基本法 平成23年8月30日 改正. 都道府県は、がん対策推進基本計画を基本とするとともに、当該都道府県におけるがん患者に対するがん医療の提供の状況等を踏まえ、当該都道府県におけるがん対策の推進に関する計画(以下「都道府県がん

「がん対策全般」「がん対策推進基本計画 全体目標」「がん対策推進計画 分野別施策」をまとめて「がん対策」としました。 2017年10月30日 「『がん対策推進基本計画』の変更について」を追加しました。 2017年04月07日

しかし、がん対策基本法は法律違反した企業を直ちに取り締まるためのものではないのです。 ただ改正法では、これから年数が経って罰則付きの規定に変えていく、という努力義務の方向性が示されていま

[PDF]

がん対策基本法の改正について 厚生労働省健康局 がん・疾病対策課 資料1 が ん 対 策 推 進 協 議 会 地方公共団体 国 がん対策推進基本計画 (少なくとも6年ごとに検討を加える) 閣議決定・国会報告 厚生労働大臣 がん対策推進基本計画案の作成 都道府県

[PDF]

「がん患者を含めた国民」の視点に立ったがん対策を実施すること。 全体目標の達成に向け、重点的に取り組むべき課題を定め、分野別施策を総合的 かつ計画的に実施すること。 2 基本方針 がん対策推進基本計画は、がん対策基本法に基づき政府が策定

ここで復習ですが、がんに関する法律は、今回改正された「がん対策基本法」が基にあります。これは平成18年に策定された法律ですが、このがん対策を推進するための具体的な法律が「がん対策推進基本

[PDF]

がん対策基本法施行 平成27年6月 がん対策推進基本計画 中間評価 平成26年4月 がん研究10か年戦略 平成28年6月頃 がん対策基本法 改正(p) <議連で検討の動き> 平成29年6月頃 第3期がん対策推進基本計画 閣議決定 平成25年12月 がん登録推進法成立

[PDF]

特定領域がん診療連携拠点病院を新設した。 平成26年6月医療介護総合確保推進法公布 平成27年5月国民健康保険法改正 平成27年12月がん対策加速化プラン策定 平成28年1月がん登録推進法施行 平成28年6月医療法改正 平成28年12月がん対策基本法改正

がん対策基本法の一部を改正する法律; 法律第百七号(平二八・一二・一六) がん対策基本法の一部を改正する法律 がん対策基本法(平成十八年法律第九十八号)の一部を次のように改正する。

改正法が成立12月9日、衆院本会議で「改正がん対策基本法」が全会一致で可決、成立しました。ここでは、企業の方も知っておきたい法律の概要と改正のポイントをご紹介いたします。

[PDF]

がん対策基本法の概要 第1 総則 1 目的 我が国のがん対策がこれまでの取組により進展し、成果を収めてきた ものの、なお、がんが国民の生命及び健康にとって重大な問題となって いる現状にかんがみ、がん対策の一層の充実を図るため、次に掲げる事

第11条 厚生労働大臣は、必要があると認めるときは、関係行政機関の長に対して、がん対策推進基本計画の策定のための資料の提出又はがん対策推進基本計画において定められた施策であって当該行政機関の所管に係るものの実施について、必要な要請を

一般社団法人全国がん患者団体連合会(全がん連)では、「がん対策基本法改正案の今国会での早期成立を求める要望活動」を改めて行いますので、お知らせいたします。 全国がん患者団体連合会による厚生労働省での記者会見(平成28年4月26日) 一般社団法人全国がん患者団体連合会

一般社団法人全国がん患者団体連合会(全がん連)では、「がん対策基本法改正案」の早期成立を要望してまいりましたところ、11月15日の参議院厚生労働委員会において、与野党の全会派一致による委員長提案として上程され可決されるとともに、11月16日の参議院本会議において、参議院厚生

平成28年12月にがん対策基本法(平成18年法律第98号)が改正され、新たに同法第17条において、国及び地方公共団体は、「がん患者の状況に応じて緩和ケアが診断の時から適切に提供されるようにすること」、「医療従事者に対するがん患者の療養生活の質の維持向上に関する研修の機会を確保

「改正がん対策基本法」(192参法50号)は、平成28年12月16日法律107号で、公布されただちに施行されました。 「TPP条約の締結に伴う関係法律の一括改正法」(190閣法47号)は、平成28年12月16日法

飲食店などに受動喫煙対策を義務付ける健康増進法改正. 政府は24日、がん対策の国の指針となる「第3期がん対策推進基本計画」を閣議決定した

[PDF]

特集:がん対策の新たな展開 ―がん対策基本法に基づく総合的・計画的な推進に向けて― がん対策の推進と国民・患者参画―法制定に患者の声が果たした役割― 本田麻由美 読売新聞東京本社社会保障部 厚生労働省「がん対策推進協議会」委員

[PDF]

がん対策を総合的かつ計画的に 推進する 基 本 的 施 策 (06年6月16日成立、07年4月施行) 「国民・患者の視点」による がん対策の転換 「がん対策基本法」の成立

平成28年12月にがん対策基本法が改正され、がん教育に関する条文が新たに盛り込 まれるとともに、改正法を踏まえ平成29年10月に閣議決定、平成30年3月に一部変更さ れた第3期がん対策推進基本計画において、「国は、全国での実施状況を把握する」と明

百科事典マイペディア – がん対策基本法の用語解説 – 癌治療の水準向上や患者への情報提供を目的とする法律。2006年6月成立,2007年4月施行。地域によって,癌による死亡者数,病院・医師による診療の質に違いがあることを受けて成立した。国や都道府県に〈がん対策推進基本計画〉の策定を

がん対策基本法が2007年に施行され、10年が経ちました。これまでに第1期、第2期と見直され、これから第3期を迎えようとしています。今回の記事

がん患者が安心して暮らすことのできる社会への環境整備を盛り込んだ「がん対策基本法※1)」の改正法が昨年12月9日、衆院本会議で可決、成立した。サバイバーのひとりとしては、まだその基本理念の、「がん患者が尊厳を保持しながら安心して暮らすことのできる社会の構築を目指すこと

国のがん対策を振り返ると、平成18年にがん対策基本法が成立したのち、がん対策推進基本計画が第1期・第2期と策定され、現在では平成28年のがん対策基本法の改正を受けて、昨年3月に第3期のがん対策推進基本計画が策定されています。

「改正がん対策基本法」成立に伴う国の「がん対策推進基本計画」への要望書. 平成28年12月9日に「がん対策基本法の一部を改正する法律案」が衆議院本会議において全会一致で可決され、「改正がん対策基本法」が成立しました。

大阪府がん対策推進計画について. 大阪府では、がん対策基本法に基づき、平成30年度(2018)から平成35年度(2023)までの6年間を計画期間とする「第3期大阪府がん対策推進計画」を策定いたしました。 (計画策定の経緯等)

[PDF]

がん対策基本法の一部を改正する法律の概要 (1)がんの原因となるおそれのある感染症並びに性別、年齢等に係る特定のがん及びその予防等に関する啓発等(第

今回頂いた質問日本のがん対策について教えてください。日本では、がん対策が成果を収めてきたものの、いまだに死亡原因の第1位を占めているのが現状です。そのため、より一層のがん対策を推進していくために制定されたのが、がん対策基本法

[PDF]

1.がん対策基本法について 「がん対策基本法」が平成18年6月に議員立法により成立し、平成19年4月から施行 されています。平成28年12月には、がん患者が円滑な社会生活を営むことができる社会 環境の整備等を盛り込んだ改正法が成立しました。がん対策

がん対策基本法の一部を改正する法律をここに公布する。 御名御璽 平成二十八年十二月十六日. 内閣総理大臣 安倍 晋三. 法律 第百七号 がん対策基本法の一部を改正する法律

[PDF]

平成18年6月 がん対策基本法 成立 平成19年4月 がん対策基本法 施行 緩和ケアの提供体制について主な改正内容 緩和ケアチームの整備、組織上への位置付け ①専任の身体症状の緩和に携わる専門的な知識及び技能を有 する医師

がん対策推進日本一のための企画立案など 「広島県がん対策推進条例の一部を改正 2019年度版がん相談支援センター広報リーフレットを作成しました! 2019年4月12日; がん患者に係る介護保険法

がん患者の雇用の継続に企業が努めることを新たに定める「がん対策基本法」の改正案が判明した。がんは治療技術が進歩し、発症後も治療を経

「がん」の対策に国をあげて取り組み始めて10年が経過しました。2016年12月には改正がん対策基本法が成立し、今年(2017年)6月からは、がん対策

全国どこでも標準的ながん治療を受けられる体制を目指した「がん対策基本法」の施行から4月で10年を迎える。法制化を機に拠点病院や相談支援

[PDF]

2 これまでのがん対策の取組み 本県のがん対策は、がん対策基本法(以下「基本法」という。)に基づき、平成20年3月 に第1期「愛媛県がん対策推逭計画」、平成25年3月に第2期「愛媛県がん対策推逭計画」 (以下「前計画」という。

[PDF]

がん対策基本法とがん対策費 Cancer Control Act and Budget for Cancer Control がん対策基本法(平成18年6月成立) がん対策基本法 がん対策予算額の推移について ・平成19(2007)年4月に施行されたがん対策基本法においては、がん対策の基本理念として、

[PDF]

がん対策推進基本計画中間評価の概要 重点的に取り組むべき課題 (4)働く世代や小児へのがん対策の充実 ・拠点病院の指定要件の改正やがんプロフェッショナル基盤養成プラン等の取組により、一定の進捗が得られている。